matsukaba-2.jpg

『宗教的人格と教育者』

松本晧一 著

明治後期から大正期。西田幾多郎や鈴木大拙が親しく接した教育者、北条時敬を中心に、その関係者やこれらの教育者に類比される人物、とりわけ禅仏教に深い関与を持って人生を宗教的に生きた教育者について事例研究した論考集。近代日本における禅の影響を捉えなおす上でも貴重。

目次

まえがき
第一部 宗教・教育・生死
 第一章 晁水・山本良吉の宗教観
 第二章 北條時敬における人間と禅 ─臨済居士禅の事例研究─
 第三章 北條時敬 ─その教育者・禅者としての人間像─
 第四章 禅者の生死観 ─道元における生死の問題─
第二部 「教育者」型人格における宗教
 第一章 「教育者」型人格における禅体験の受容と変容 ─自得・小山忠雄と晁水・山本良吉の比較考察─
 第二章 「教育者」型人格における宗教体験と聖・俗の行動傾向 ─栽松・宝山良雄の場合─
 第三章 「教育者」型人格における宗教信念と実践の問題 ─無適・橋田邦彦と『正法眼蔵』─
 第四章 無適・橋田邦彦における「行」について
 第五章 橋田邦彦と『正法眼蔵』
 第六章 橋田邦彦『仏教の話』と廣瀬文豪『仏教哲学論』
 第七章 「教育者」型人格における修養と宗教信念 ─物外・三好愛吉の場合─
第三部 宗教的人間の横顔
 一 宝山良雄
 二 三好愛吉
 三 廓堂・寸心・晁水 ─比較宗教人間学的位相─
 四 大拙居士と清拙居士
 五 宝山良雄について
 六 大拙・晁水・栽松 ─廓堂を中心に─

初出一覧
解説

〈著者略歴〉
 松本晧一(まつもと・こういち)
1927年、埼玉県行田市に生まれる。旧制浦和高等学校を経て、東京大学文学部宗教学宗教史学科卒、同大学院人文科学研究科博士課程単位取得後満期退学。現在、駒沢大学名誉教授、日本宗教学会名誉会員。公開仏教セミナーを主宰。
 共著『日本人の死生観』、『日本的宗教心の展開』、『世界の宗教』(岸本英夫編)、『宗教学』(小口偉一編)

A5判 上製 360頁
3,200円(税別)