『現代宗教2013』

特集:3・11後を拓く

国際宗教研究所 編

目次gen2013.jpg
 座談会 原発と宗教─新しい生き方を目指して

●島薗 進/大澤真幸/渡邊 太/司会・堀江宗正
【原発と宗教】
原発問題への宗教界の応答
藤山みどり
脱/反原発運動のスピリチュアリティ─アンケートとインタビューから浮かび上がる生命主義
堀江宗正
台湾にわきおこる力─原子力・権力・宗教の力
施芳瓏[星野 壮・訳]
チェルノブイリ・イコンによる記憶の伝播と共有
井上まどか
【震災を語り継ぐ】
大震災 問題教団の内在的論理─宗教的脅迫と社会との精神的断絶
藤田庄市
臨床宗教師の可能性─被災地における心霊現象の問題をめぐって
高橋 原
語り継ぐこと、記憶を保存すること
竹沢尚一郎

 対談 宗教への期待、若者への期待─過剰な期待よりも実践を

●稲場圭信/古市憲寿/司会・堀江宗正
【支援する宗教者】
東日本大震災と仏教─2011・3・11に直面した仏教者の対応と展望
蓑輪顕量
3・11 絆 心を紡ぐ旅
吉田律子
いのちの声に耳を澄ます復興支援─東日本大震災での曹洞宗青年会の活動
久間泰弘
東日本大震災と「励ましの絆」─創価学会の救援活動について
山根幹雄
被災地の人々とのご縁から学ぶ─災害復興支援と立正佼成会の社会的役割
保科和市
福島で今、起こっていることは、日本の縮図である
中下大樹
主の十字架の立つところ─一カトリック信徒の回心の記録@釜石
林里江子

A5判 384ページ 
定価 (本体2,200円+税)

ISBN978-4-87023-639-4 C3014

6月25日発行

ネット書店では、maruzen&junkudo紀伊国屋書店web に在庫がございます。amazon、楽天はもう少しお待ちください。